事前に自分の髪状態を確認しておく

白髪染めをしようと思った時に自分の髪状態をちょっと確認してみましょう。
・パーマをかけている人は1週間以上かけてから経っているでしょうか。
・整髪料や洗い流さないタイプのトリートメント剤などつけていないでしょうか。(日常使用している人は前日に洗髪をし当日はつけないでおきましょう)
・髪はよく乾いた状態でしょうか。



準備するもの

・自分に合った白髪染め本体
・水をはじく油性クリーム
・ティッシュペーパーやコットン
・新聞紙など
・タオル・ケープなど
・輪ゴム
・手袋
・鏡
・シャンプー、トリートメント
・金属製ではない目の粗い櫛
・時計


身仕度をする

・前もって髪をよくブラッシングし櫛を通り易くしておきます。
・染料を塗った後洗い流すため簡単にシャワーやお風呂場に行けるよう上着を前開きのものにしておくと便利です。
・染料が垂れてきても大丈夫なよう首の回りにタオルやケープを巻いておくと便利です。
・テーブルや床が汚れないように新聞紙など汚れて捨てても良いものを敷いておきましょう。
・手には染料が着いても大丈夫なよう手袋をしておきましょう。
・顔や首に染料が着き染まってしまう可能性があるので各箇所の生え際あたりに油性クリームを塗っておきましょう。(こうしておく事により万が一染料を肌に着けてしまった時でも洗い流し易くなります。)
・染料を多めに出してしまい手に残ってしまった時や、染料を着けたくない場所、体に着いてしまった時にすぐ拭きとれるようテッィシュペーパやコットンを傍に用意しておきます。
・前髪、サイド、トップ、えり足など各部分ごとに輪ゴムで束ねて(ブロッキング)おくと便利です。(塗り易く、ムラのない綺麗な仕上りになります。)

その他シャンプー・トリートメント、金属性ではない粗い櫛を準備するものに挙げましたが、最近の白髪染めにはトリートメント剤が配合されていたり中には専用トリートメント剤を同封しているものもあるので白髪染め本体の中身をよく確認してから用意するとよいでしょう。櫛も同封してあったり、本体自身に付いているのもあるようです。