白髪染めとは

白髪を染める仕組みってどうなっているの?と聞かれるとそういえばどういう仕組みになっているのだろうと思いませんか?

市販されている白髪染めヘアカラーのほとんどは1剤の酸化染料と2剤の酸化剤、この2つを混ぜ合わせて科学反応を起こし発色させています。

・1剤
<主な成分>酸化染料(パラフェニレンジアミン、トルエン-2.5-ジアミンなどジアミン系の成分)
アルカリ剤(アンモニア、モノエタノールアミン)

<働きや内容>酸化染料は言葉の通り色の元となるもので、2剤の酸化剤で酸化反応を起こして発色します。
アルカリ剤は白髪を染めるため内部に色を送らなければならないので髪表面のキューティクルを開く役割をしてくれます。と同時に2剤の酸化反応を促進させ脱色効果を引き立たせます。

・2剤
<主な成分>酸化剤(過酸化水素水)

<働きや内容>過酸化水素水は1剤の酸化染料を酸化させる作用があります。これを利用し酸化染料を酸化反応させて発色します。
また、1剤の内容に記載した通り1剤に入っているアルカリ剤による酸化反応促進で脱色する働きもあります。

上記の内容を簡単にまとめると、「アルカリ剤がキューティクルを開く→髪の内部に成分が浸透し酸化反応した酸化染料が入る→同時に過酸化水素水のアルカリ剤による酸化反応促進で脱色効果が得られる→酸化反応を起こし結合した染料分子は結合する前の分子より大きくなるので髪の内部に定着し髪の色が染まる」といった感じになります。


白髪染めとおしゃれ染めの違い

白髪染めとおしゃれ染めってどう違うの?と言われるとどう違うのだろうと思いませんか?

白髪がまだ少ない人などは今迄通りおしゃれ染めをしてれば、なんとか白髪も染まっているのではないだろうかと思うのではないでしょうか。
結論を先に言ってしまうとおしゃれ染めでは残念ながら白髪はほぼ染まってないに等しい仕上がりとなります。
何故なら、白髪染めとおしゃれ染めとでは染料の色の作り方が違うからです。
白髪染めの場合、染毛力を重点に置いた色の作り方になっており、その次に脱色による色作りとなっています。ですので、白髪に色が染まります。
おしゃれ染めの場合、脱色を重点に置いた色の作り方になっており、その次に染毛力による色作りになっています。ですので、白髪が染まりづらくなっています。

最近の白髪染めは黒色意外にも茶系など色がバリエーションに富み白髪染めでヘアカラーを楽しむといった若い人達も増えています。